桑田りんご園

津軽のりんご農家から情報発信!

2018年2月20日
から Kiyohito
0件のコメント

食べレポ271:彩菜房

店名:チャイナ食堂彩菜房

場所:黒石市

食べたもの:Aランチ800円、エビ塩タンメン(?)900円

剪定隊では今年2度目の訪問が叶わなかったため、いずれ行こうと考えていた黒石市の彩菜房を訪問しました。

子連れに嬉しい座敷席有りですが、開店後すぐに満席となる盛況ぶりで、自分達も偶然に滑り込めた感じです。

今回のAランチはエビチリと油淋鶏がセットになった定食で、その他に名前をうろ覚えですが写真のエビ塩タンメンをシェアして食べました。

相変わらずの美味しさで、手軽に中華を食べたい時には再訪したいですね〜

2018年2月18日
から Kiyohito
0件のコメント

猛吹雪

昨日、りんご協会青年部の剪定会が五所川原市で行われましたが、天気予報が示した通りの猛吹雪に見舞われ、なかなか大変な1日になりました。

剪定会の最中も寒さが厳しかったのですが、終わってからの懇親会から帰る道程が想像以上に悪かったです。

ほとんど視界がない状態で、普段の倍と言ってもいい位の時間を要してようやく地元へ戻りました。

1月前半は、あれほど少なかった積雪量だったのに、一気に平年並みの積雪になった気がします。

2018年2月12日
から Kiyohito
0件のコメント

小旅行

先日、岩手・秋田方面へ1泊の小旅行へ出かけてきました。

子連れ旅行…

しかも、乳児同伴だったので、旅行先も限られてきて、真新しさを欠くものになりましたが、1ヶ所だけイベントらしいものを見ようと秋田へ向かいました。

岩手から田沢湖方面へと抜け、山道を北上…

向かう先は上桧木内です。

上桧木内の紙風船上げと呼ばれるイベントが2月10日に行われましたが、一目見ようと向かったものの、現地に入った途端、急な大渋滞…

しかも、まともな誘導も無いまま、満車表示の駐車場を横目に、ほぼ立ち往生状態の前車に続くこと30分ほど近く…

イベント会場を通り過ぎたところで「この先には駐車場がありません」と案内がありました。

同じく渋滞中の対向車を横目に、旋回もできないまま30分ほど進むと、ようやく自由に動けそうでしたが、戻ったところで明らかに不足している駐車場、差し迫るメインイベントの時間…

そして子供たちのトイレなども考えると、コンビニや公衆トイレなども見当たらない場所で、再チャレンジする訳にもいかずに断念しました。

イベント情報が乏しく、安易に向かってしまいましたが、どうやらよほど早くから行くか、近隣に知人でもいなければ自家用車で行くことは無理そうです。

個人的には、弘前の桜まつりや青森ねぶたなどより、よほど入場が難しいイベントに思えました。

行くなら公共交通機関で…

少しだけ後悔の残る小旅行になりました。

2018年2月6日
から Kiyohito
警告音 はコメントを受け付けていません。

警告音

最近、どうしても多くなりがちの車の話題…

昨日、ETCの取り付けを行いましたが、その際にバッテリーを外したためエンジンスターターから警告音がなっていました。

どうやら初期設定が必要になっているようで、説明書を引っ張り出してセッティング…

音も鳴り止み、早速少し買い物に出かけると、またピピピッと警告音が鳴り出しました。

原因を探りつつ、またパネルを引っ剥がさないといけないのかとゲンナリしていると、不意に原因がわかりました。

コーナーセンサーのスイッチを切ると鳴り止みました。

つまり、センサー部分に雪がついて鳴っていたようで、あまりにスターターと音が似ていたため気づけていませんでした。

なぜスイッチがついているのか、不思議に思っていましたが、その謎も解けてスッキリです。

2018年2月5日
から Kiyohito
ETC取り付け はコメントを受け付けていません。

ETC取り付け

カゼ気味です。

見事に子供から親2人にうつって、キツイ日々…

救いはインフルエンザでは無いことと、そろそろ回復に向かっているということでしょうか。

蛇足ですが、最近はじめていた乳酸菌系サプリのおかげか、あんまり悪化しないのは良かったです。

さて、タイトルのETC取り付け…

納車1週間ですが、早速不足していた部分をDIYです。

以前にも取り付け経験があり、難しいものではないのは知っていましたが、今回は純正位置に取り付けるため時間がかかりました。

インパネやピラーなど、5〜6箇所のパネルを外し、配線を取り回しました。

特にナビ近くから電源を引いたり、作業のついでにナビからUSB端子を空きスイッチホールへ繋いだことも原因となり、大量となった配線をパネル内に収納する事が大変でした。

結構、無理やりだったかも…

意外とキレイに作業を終えて、気づいたら2時間経過。

一応、お得に出来たかな〜

中古車なので、DIYが医意外と気楽で良いです。

今度は暗めのルームランプを明るくしたいですね。

2018年2月2日
から Kiyohito
放射冷却 はコメントを受け付けていません。

放射冷却

今朝はとても寒かったです。

剪定に行きましたが、朝方はりんごの樹が真っ白に凍りついていました。

快晴だったために放射冷却が進んだんでしょうね〜

2018年2月2日
から Kiyohito
りんご加工 はコメントを受け付けていません。

りんご加工

昨日、りんご加工事業者3社を見学してきました。

と言うのも、昨年にりんご支会で実施した高品位加工事業と呼ばれる取り組みに関わる3社との意見交換のためです。

高品位加工…これまで聞き慣れなかった言葉ですが、いわゆるジュース向けが主だった加工品を、より細かく選ぶことで加工の中でも高品位の物を高額で取引し、経営の安定に加えて、良品価格の底上げを目指すというものです。

ジュース以外で扱われるものには、ピューレ、プレザーブ、カットりんごなどあり、各社にそれぞれ得意分野や取り組み姿勢があり面白かったです。

生産者からすれば、時間が許すならば手間をかけただけの対価に見合えば取り組もうと思うし、作業効率を高めるために加工園を設けることも有効でしょう。

何しろ、これから産地維持のために面積を増やさざるおえない場面や、りんごの食べ方の変化も考えられるでしょう。

ただ、住んでいる地域ゆえの感じ方かもしれませんが、りんごへの向き合い方の変化に対する躊躇があります。

例えば、収量を聞かれた時に加工を含むか、含まないか…

その感覚の違いは、やはり良品生産への向き合い方が違います。

栽培面積を増やせば、品質は落ち、観光農園や産直に向かっても、その多くは品質を落とすと思います。

特例を除けば、多くの人は100の力をどう割り振るかの違いしかないと思います。

もちろん時折の消費者に合わせる部分はありますが、短絡的には考えられない問題なんでしょう。

りんご農家の有り方…今後は工業化なのか、職人化なのか、観光化なのか、それとも…

模索は続きます。

2018年2月2日
から Kiyohito
納車 はコメントを受け付けていません。

納車

先月末、アクセラに替わる新たな車が納車されました。

次の愛車はヴォクシーです。

これまでとは違うミニバンの乗り心地に戸惑いつつも、やはり居住性については満足と言わざるをえません。

中古車ですが、これから長く乗りたいですね〜

ともあれ、4年ほどで乗り換えることとなったアクセラ…

愛着もあったし、良い車だったので複雑です。

2018年1月28日
から Kiyohito
七五三・百日参り はコメントを受け付けていません。

七五三・百日参り

今日は、子供の七五三参りと百日参り(兼初宮参り)に行ってきました。

上の子供の七五三は、正しくは昨年末に行くべきところでしたが、その頃にちょうど2人目の出産が重なり、遅れた挙句に百日参りと一緒に済ませた形です。

近くの猿賀神社へ行きましたが、厄払い時期でもあり混み合っていました。

よくよく考えたら日曜日にする必要は無かったですね〜

その後、昼から写真撮影をして、2人分の撮影を終わる頃には外は真っ暗…

なんだかんだで1日いっぱいかかりました。