桑田りんご園

津軽のりんご農家から情報発信!

2019年5月9日
から Kiyohito
満開 はコメントを受け付けていません。

満開

りんご園もそろそろ満開…本日は溶液授粉を敢行しました。

風が非常に強かったため、ずいぶんと迷いましたが、開花状況を鑑みると待ちきれなかったというのが正直なところです。

さて、今年はどんな結果になるかな?

2019年5月6日
から Kiyohito
摘花 はコメントを受け付けていません。

摘花

日中は、だいぶ気温が高くなってきて、半袖での仕事も差し障りがないほどに変わってきました。

作業は変わらず摘花で、王林やつがるの花を摘み取り溶液授粉用の花粉を取り出していました。

ふじの開花も確認されたので、溶液授粉は2~3日後になるでしょうか?

2019年5月3日
から Kiyohito
開花 はコメントを受け付けていません。

開花

王林の花が、他の品種に先んじて開花しました。

人工授粉用に花を摘み取っています。

さて、明日は薬剤散布…早く寝ますね。

そう言えば、今日から急に花粉症がきつくなりました。

鼻水、くしゃみに目のかゆみ…マスクは必携になりました。

2019年4月30日
から Kiyohito
平成最後 はコメントを受け付けていません。

平成最後

話題に乗っかり「平成最後の」日記更新です。

…テレビで見る浮かれた騒ぎには、少しついていけませんが。

さて、本日は朝からスピードスプレヤーの音が鳴り響いていました。

午後からの雨予報に、特別散布を決行した人が多くいたようで、その様子を見て私自身も焦るばかりでした。

結局、時間的に無理だったため諦めましたが、難しい判断ですね~

夕方には、再び週間予報が変わるし、なんとも方針が定まりませんね。

2019年4月25日
から Kiyohito
悩みがつきない はコメントを受け付けていません。

悩みがつきない

春作業も一区切りで、今後は開花を待って摘花作業が始まります。

冬の間、堅く閉ざされていた蕾は、今では次々と新しい葉っぱをつけています。

そうなると黒星病の心配が否応無しに増し、天気予報に右往左往…悩みのつきない日々が続きます。

会議に出て話を聞けば、散布予定を前倒さなければと焦り、違う会議では我慢しようかを再び迷い…その繰り返しです。

結局、予防しか手だてが無いとなると、前倒しするのが一番安全ですが、なんと言っても経費がかさみます。

暗中模索…

2019年4月17日
から Kiyohito
いよいよです! はコメントを受け付けていません。

いよいよです!

明日は、いよいよ今シーズン最初の薬剤散布です。

ここにあわせて仕事を片付けてきたため、感慨もひとしおです。

農道や水源の確保はできているはずですが、何ごとも最初というのは緊張するものです。

今年こそは黒星病の撲滅を実現したいですね。

2019年4月11日
から Kiyohito
万端の備えを はコメントを受け付けていません。

万端の備えを

固かった芽が、段々と綻び始め、りんご園にも春の訪れが感じられる今日この頃…

作業の進み具合は人それぞれですが、そろそろ黒星病に対する心の備えを万端にしておく必要がありそうです。

黒星病の胞子飛散については、青森県が運営するアップルネットから情報を得ていますが、今年は例年より早くから調査しているようで、4月1日からのデータが掲載されていました。

それによると、2日には極僅かですが初飛散が観測されていたようで、個人的には20日前後から始まるものと認識していただけに驚かされました。

葉っぱへの感染が、拡大するきっかけになると思うので、今後、葉が出てきてからの降雨は注意が必要になりそうです。

早めの農道確保が、当面の目標です。

2019年4月11日
から Kiyohito
チェーンソー はコメントを受け付けていません。

チェーンソー

どちらかと言えば、動きの少ない剪定作業に比べて、チェーンソーを用いた伐採作業は、機械の重さに加えて、作業性や安全性の向上させるため体勢の入れ替えも多く、全身の疲労も桁違いです。

体が慣れていないことも疲労の要因でしょう。

今年は一部園地の伐採もおこなっているため、普段より多めの作業になりますが、もう少し頑張ってみます。

あ~腰と腕が特にきつい…

2019年4月8日
から Kiyohito
剪定終了! はコメントを受け付けていません。

剪定終了!

本日、作業の一区切りとなる剪定終了を迎えました。

終盤の雨や雪で、予想より数日遅れましたが、同時に開花時期も遅れたと思うので、それほど影響はないと思います。

さて、これからはチェーンソーを使った伐採や、農道の整備を経て、いよいよ薬剤散布が始まります。

今年も黒星病対策が大きなテーマになるので、しっかりと間に合わせていきたいですね。

2019年4月6日
から Kiyohito
剪定状況 はコメントを受け付けていません。

剪定状況

連日の悪天候で、剪定作業は停滞気味でしたが、今日は何とか終日作業ができました。

剪定作業もグッと進み、恐らく残り1日程度で終わりが見えそうです。

…ただし、明日は青年部で肥料配達なので、明後日まで持ち越しになりそうです。

当園の場合、私が丸葉園から剪定を始めて、しばらくしてから父がわい化園から剪定し、最終園地で合流するような形で作業を進めていきます。

徐々に、私の担当分が増えてはいますが、全てを受け持つには少し時間が足りない感じです。

今年は剪定師講習もあったため、早めに始めていましたが、結局は去年よりわずかに遅れて、最終園地で私が受け持っていた樹を、先に父に切られてしまいました。

自分流に細かく手入れしていた樹が、バッサリと切られていく様は、ひどく心苦しいものの、自分の遅れゆえと後悔ばかりです。

切られた枝をくっつけることはできず、元通りにすることはできませんが、少しでも枝の残っているうちに、再び自分で剪定したいですね。

やはり丸葉台が好きだな~