津軽のりんご農家から情報発信!日頃の出来事を日記に綴っています。
       桑田りんご園

りんごコンテンツ
 ■気分次第の日記
 ■風景写真
 ■りんご品種紹介
 ■りんごと健康
 ■りんごQ&A

その他のコンテンツ
 ■園地・作者紹介
 ■平川市唐竹とは?
 ■掲示板
 ■リンク集

インフォメーション
 ■当サイトについて
 ■連絡先


2月の日記
 
今月の一番気になることはりんご協会青年部の東京マラソン参加です
膝までの積雪 2008/02/28 曇り時々雪
朝、庭の除雪を終え天気も悪くなかったため剪定作業へ行きました。
園地へ着く頃には近くの川へ排雪作業へ来た車が数台いて、挨拶を交わしながら園地へ・・・道路近くは1メートルを超える雪の壁になり、越えて園地へ踏み込む。
ズボッと膝まで雪に埋まり剪定場所まで着く頃には長靴の中に雪が入り込んでいました。
かんじきを履いてくれば良かったと思いつつ剪定を始めると大粒の雪がドンドン降ってきて諦めて家へ戻ってきました。
その後は、庭にこれ以上の雪をためるスペースが無くなってきたため排雪作業を行うことにし、軽トラで何回も排雪場所へ往復しました。

*****食べレポ090*****
店舗 平川市 弘前いちろ
営業時間 11:00〜21:00
料理 ぴり辛もやしそば700円 ギョーザ250円
何故か平川市なのに弘前いちろ?もやしそばは細ストレート麺にうまく絡むあんかけスープ、結構旨味もあり美味しかった。
しかし熱い、口の中のやけどは覚悟しないといけませんね。
麺の量が意外と少なく、もやしも多くない、他の具材は挽肉程度と高めの印象。

降り積もる雪 2008/02/27 曇り時々雪
今年の2月はうるう年なので今日を合わせて残り3日というこの時期、まだ降るのかという感じで雪が降り積もります。
毎年、最後の大雪というのはあるものですが、週間予報は雪一色でまだまだ積もりそうな予感がします。
この雪で剪定作業が若干遅れ気味、過去の日記を読み比べて若干焦っています。

農園の雪模様 2008/02/26 曇りのち雪
地元青年部で農道の除雪作業をしていると、今月の初めとは大分様子が変わってきました。
最近降った雪が表層にふんわり積もり、その底にはギッシリと水分の多い重い雪が固まっています。
2月も終盤に入り気温が上がっているからでしょうね。
この重い雪に除雪作業もはかどらない、どころかタイヤショベルが時々傾いて怖い。
昨日・今日とタイヤショベル担当となり大分慣れてはきました。
でもまた雪が積もるらしい・・・。

青年部、今後の事業を考える 2008/02/25 雪のち晴れ
りんご協会青年部は東京マラソンを終え、今年度の事業もほぼ終了しました。
そうなると次年度へ向けての事業計画を建てる必要が出てきます。
今日は各地域の部員の代表が集まり、話し合いを行いました。
みんな様々な意見を持っていて面白いですね。
私としては青森のりんご産業発展のため折角りんご試験場があるのだから、意見を交換し合って一緒に盛り上がっていければなと、視点を変えた新品種を一緒に考えられないかと話してみました。
例えばポリフェノール、食物繊維2倍とかカロリーハーフりんごとかって無いものでしょうか?
ともかく、来年も盛り上がっていきたいものです。

吹雪 2008/02/23 曇りのち雪
午前中は天気が持ちこたえて剪定作業が出来ましたが、昼近くになると風が強くなり雨が降ってきました。
夜になると雨が雪に変わり、車を走らせていると前方の視界が悪くて、なかなか大変です。
予報では結構積もるようで、青年部で折角除雪した農道も、また埋もれてしまうのでしょうか。

日本酒購入 2008/02/21 雪のち曇り
ここだけの話、東京研修の際に地元青年部へお土産を買おうと色々探し回ったのですが良いものが少なく、”東京マラソン煎餅”と”東京マラソンタオル”くらいしか用意できませんでした。
そこで仕方なく帰ってきてからネット通販で日本酒でも購入しようかと考えました。
出来れば東京の地酒を・・・と考えていたのですが、前にテレビで放送されてから気になっていたものが見つかったため、ついそちらを購入してしまいました。
”村祐”という新潟のお酒ですが、これで何とか勘弁してもらいます。
東京の地酒も1つ気になるなぁ、買ってしまおうかな?

生放送に出てきました 2008/02/19 晴れ時々曇り
今日は東京マラソン経過を放送するため青森放送”@なまてれ”に部長とランナーとして参加した木村さんと共に出演してきました。
あがり症の性格のため、放送前は緊張で頭の中が真っ白です。
事前に進行予定を渡され、通しのリハーサルを受けたのですが、本番になり次々進行していく中で、自分の順番や時間がわからなくなりました。
話もグダグダになったと自分でもわかりますが、終わってしまえば良い経験です。
頭の中で考えるのは得意なのですが、実際話すとなると適切な言葉が出てこない物ですね。
さて、これで一大イベントとなった東京マラソン参加も一段落ついた形です。
また、これを持って部長も任期中の大きな仕事を終えたこととなり、本当にお疲れ様でした。

東京研修 & マラソン 2008/02/18 曇り時々雪
14日へ  15日へ  16日へ  17日へ
-14日 出発-

ずっと、ずっと準備を続け、それでも失敗しないようにと何度も集まり詰めてきた東京研修&マラソン。
不安と期待、そして直前までの準備で睡眠不足気味なところもありましたが出発の日となりました。
まずは同じ平川市に住むりんご協会職員2名を乗せて空港まで車を走らせました。
「意外といい天気、部長は晴れ男だな」などなど言いつつ空港の近くまで行くと、”ピピピッ”携帯が鳴り、早めに着いていた県南支部のメンバーから飛行機が欠航したとの知らせ。
車内にはイヤなムードが漂いました。
プランの変更を検討していると、欠航は前の便だと連絡が入ったためホッとしました。
天候に不安もあったため、かなり早めに出発したため時間が空きました。
少し待つと同じく考えた数名が到着したため、昼食をとりに空港のレストランへ、早速ビールを片手に「ガンバロー」と乾杯で気合いを入れました。
時間になると全員集まり出発式を行いました。
これには青森放送の取材がありテレビで見た人もいたのでは?
無事、飛行機は飛びアッという間に東京羽田へ到着、カレーの香りに惹かれつつもモノレール、電車で一路ホテルへ向かいました。
ここで感じたことですが東京は暑い・・・、セーターを着ていたため汗をかき大変でした。
ホテルに到着してもすぐ解散とはいかず、各種資料や”青年部オリジナル東京マラソンベンチコート&りんご帽子”を配布、また研修で必要なりんごなどの荷物を分配してようやく部屋へ入ることが出来ました。
この日は今回の研修&マラソン参加者全員での飲み会となり、池袋の居酒屋”和民”へ向かいました。
久しぶりの東京、または次の日の朝が早いためか、皆すごいペースで飲み始めます。
料理も大きく4つに分かれたテーブルごとに1品ずつ次々頼み、大きく盛り上がります・・・が幹事と私、そして協会職員は予算が心配になっていきます。
1時間ほどすると「2〜4万ほどオーバーするんじゃない?」と心配になり現在の金額を聞くと「おっ?全然予算内」一安心してさらにペースアップ、かなり飲んで食べましたが意外と安くすんでコストパフォーマンスが高いなと感心しました。
もう一つ感心したのは店員が1人でテーブルごとバラバラに頼んでいく注文をこなしていき「やっぱり東京の店員ってすげぇな」。
この後、電車の面倒さからホテルのある大塚まで戻り少し飲んで眠りました。

TOPへ

-15日 研修-
2日目は研修がメインとなります。

午前中は横浜植物防疫所東京支所の視察研修です。
電車の込み合う時間帯を必死に乗り継ぎ、視察場所へ向かいました。
簡単な説明を受け、まずはりんご検疫の現場を視察、トラックに積まれたりんごを決められた通り抜き取り、問題のある病気や虫がいないかチェックしていきます。
台湾への輸出が急速に増えてきたりんごはモモシンクイガという害虫があり、これが発見されると輸出が出来なくなります。
主に果実の下(ツルの反対側)の部分に進入跡が多いことから、そこを重点的にチェックしていました。
生産者の私から見ても驚異的なスピードでチェックしていくところは、さすがに専門家です。
その後は検疫手順や害虫の特徴などスライドを交えながら解説を受けましたが、寝不足のところに明かりが落とされたため眠い・・・けど何とか耐え抜き、植物防疫所の仕事を紹介したビデオを見ると外国からの病気や害虫の進入を水際で防ぎ、国内でも被害の拡大を押さえる重要な仕事と感じられました。
午後は農水省での意見交換会でしたが、時間にある程度余裕があったため各自自由時間となりました。

マラソンランナーは事前に受付をするため東京ビッグサイトまで向かうとのことで、私もお土産でも探そう考え同行しました。
ビッグサイトでは受付の他にグッズやスポーツ用品の販売などが行われお祭りのよう、私も自分や地元青年部へのお土産を探し広い会場内をウロウロしました。
その後は新橋駅からゆっくりと農水省へ徒歩で向かうと、マラソン10キロゴールの日比谷公園や遠くには国会議事堂まで見え、疲れはしたけど良い景色。
農水省の会議室を借り、青森県20名(うち1名秋田県)、岩手県6名、長野県11名、そして農水省園芸課職員10数名が一同に集い意見交換会を行いました。
全員自己紹介(氏名、栽培面積、PR)を行ったため時間が切迫、私の担当となった青森県りんご栽培の現状は急ぎ気味で終わりましたが、その後も予定時間を少しずつオーバーしていき、予定時間を大幅に上回ってしまいました。
これは意見交換が盛り上がったためでもあり、各県の現状をふまえた要望や意見、視点を変えた面白い意見など飛び交い面白かったです。
その後は何と農水省地下食堂でお酒を交わしてオフレコ意見交換会開始。
今回の意見交換会、各県りんご生産者との交流も重要でしたが、農水省職員の考え方が聞けたことが大きかったですね。
生産者と消費者、販売者の中間くらい(販売より?)と感じたかな?
こうやって意識をすり合わせていくことが重要だと感じました。
飲み会の最中、「明日ズムサタ出ようぜ」と話が決まり、また早起きすることに・・・。

*****食べレポin東京*****
店舗 池袋 かむくら?
料理 おいしいラーメン650円
あんまり青森にはないタイプ、鍋っぽいスープには結構油が浮いていて、飲み会の〆には少しキツイ。
普段ならギリギリ有りかなぁ?
味の雰囲気が花月にちかい?あえて挙げるなら

TOPへ

-16日 準備-

研修部分を終え、東京マラソンに向けての準備開始です。
まずは早起きして日テレ、ズムサタ収録の後ろでりんご配布をPRしてきました。
お揃いの黒いベンチコートに真っ赤なりんごの帽子(ツルと葉っぱ付き)が非常に目立ち、電車に乗り込む際は若干恥ずかしい・・・。
後になって携帯電話で録画していたものを見せてもらうと、かぶってて顔がわかりにくくなってました。(それでも見たと知人にメールをもらった)
マラソン配布用のりんごは午後からの準備のため池袋方面へ観光に行きました。
同行者が東急ハンズへ行きたいと言ったため、私もウロウロと買い物、妙な貯金箱と増えたベンチコートを鞄に納めるための圧縮袋を購入、その後はサンシャイン60を観光しました。
観光を終え日比谷公園へ向かうと、自由行動で散っていたりんご配布メンバーもちらほら合流し、明日へ向けての準備を開始しました。
参加者自らが持ち寄ったりんごをJA津軽みなみの協力により東京まで運搬、レンタカー(アルミバントラック)に積み込み日比谷公園配布場所そばまで運送し、りんごを一つ一つ袋詰めしていきました。
準備は流れ作業で行いトラックから箱を出し箱からりんごを取り出す人、袋を開ける人、りんごを詰める人、パンフレットを入れる人、袋を閉じる人、箱に詰めてトラックへ戻す人に分かれました・・・が、最初は順調にはいかず悪戦苦闘、1時間ほど経過し手慣れてきたものの”あれっ?まだ1000と少ししか終わっていない・・もしかしてやばいかも?”と休憩もとらずに全力で作業しました。
ランナーもコース下見を終え合流、準備作業に協力したものの4000程度を終えたところで暗くなり終了することとなりました。
最終日はかなり早くに起きねばならないため、この日は大塚まで戻り軽く食事をし、すぐに眠ることにしました。
食事の際、タッチパネルでの注文方法が、青森にもあるけど初めての体験となり面白かった。

*****食べレポin東京*****
店舗 池袋 青葉
料理 ツケメン700円
友人から有名ラーメン店の調査指示が出ていたけど、ここで何とか勘弁。
大塚近辺に指定してたところがあったけど自由時間が少なくて・・・。
前置きはここまで、この店美味しかったです。
コシのあるツルツルの麺に濃いめのスープが良く絡み非常にレベルの高い味でした。
スープの飲みきれる普通のラーメンにしておけば良かった。
コストパフォーマンスも高め、ラーメン街道にもこのレベルがあれば良いのに。

TOPへ

-17日 配布-

最終日、いよいよ東京マラソン2008開催日です。
荷物をまとめホテルをチェックアウト、まだ薄暗いうちに日比谷公園へと向かいました。
現地に到着し、まずは前日に残った袋詰めのノルマを淡々とこなし、楽に終われるなと思ったところで、1000袋を発見、かなりやる気をそがれつつも皆で頑張って達成しました。

作業中は例の赤いりんご帽子を装備しているのですが、かなり目立つのか道行く人々から声をかけたり写真を撮ったりと大人気でした。
青森県関係のいろいろな人が参加し、配布人数は15名程度となりました。
1時間ほど余裕があったため、取材対応したり他の配布ブースやゴール地点などを見て回り、コーヒーで体を温めていると「スタートしました」の放送、緊張が高まっていきます。
我々、配布スタッフからはコースの状況はわからず待つこと30分近く、拍手に目を向けると早々に車椅子ランナーがゴール、ついでフルマラソン選手がすごいスピードで走っていきました。
10キロランナーは後方からのスタートで、またしばらく時間が空きました。
”空を飛ぶヘリの真下辺りに選手がいるのかな?”とか考えていると、ついに日比谷公園へ入ってくるランナーが、拍手と「お疲れ様でした」「おめでとうございます」などの声援とともに我々の配布ブース前へとやってきました。
りんごは机から自由に取っていってもらおうと考えていましたが、考え直して手渡していきました。
ポツポツとゴールしてくるランナー達、我々も「お疲れ様でした」と声をかけ次々と手渡していきます。
そうして10分ほど経過すると人の波が押し寄せてきました。
ランナー順路の片側に配置していたりんご配布ブースで、大量の人が来ても2列目あたりの人までしか配ることが出来ません。
あわてて両側にりんごを配置、一心不乱に配布、補充、配布、補充を繰り返しました。
時折「りんご大好き」「青森から来たの?お疲れ様」「ありがとう」などスポーツイベントならではの爽やかな声を頂きうれしかったです。
その他、ここでも帽子が大人気で「かわいい」とか「ランナーでも見たよ」とか声をかけられました。
その肝心のランナーはなかなかゴールしない、やきもきしていると1人ゴール、声をかけりんごを渡しました。
さらにしばらくすると、見えてきました赤いりんご帽子集団、残り6名はまとまって走ったようで遠くからでも目立っていました。
りんごを受け取り早速丸かじりしていたようです。
配布作業はその後も続き、最後の1人に手渡ししてようやく終了!!
選手の皆はもちろん、配布の皆もお疲れでした。
多少りんごが余ったので、同様に余ったアミノバリュー、東京水と物々交換(というよりも無理矢理持ってきたので、こっちも無理矢理持っていった?)し後かたづけを開始し、ゴミを片づけ荷物を箱詰めしていきました。
最後は差し入れのジュース、交換したアミノバリュー、東京水が残り皆で分けて持ち帰ることになりましたが、アミノバリューだけ紙コップのため一気飲みすること4杯、きつかったです。

大人気を博したりんご帽子ですが、ボランティアスタッフをしていた3人組の女の子が欲しいといったため、私の分を含め3人がプレゼントしました。
また、グッズ販売していた人も欲しがって、ここでも2人がプレゼントしていました。
きっちり時間通りに終了し、その後は自由時間となり観光に向かったものの、疲れがたまっていたため水上バスに揺られながら眠っていました。
羽田から最終便で青森へと着くと、旅行前に比べて明らかに多い雪、憂鬱になりつつも落ち着きますね。
同行してきた協会職員を送り届け、自宅へ着くと午後10時30分、疲れた〜。
今回の東京研修&マラソン、朝は早く寝不足気味で経過したものの内容の非常に濃いものでした。
楽しかった〜。

最後に協力してくれた関係者、りんご協会職員、もちろん青年部の仲間もお疲れ様でした。


TOPへ

明日、東京研修出発 2008/02/13 大雪
明日から3泊4日、東京へと旅立ちます。
研修と東京マラソン参加(りんご配布)を合わせたりんご協会青年部、本年度のおそらく最後となる大きな事業です。
パソコンからの更新が滞ることから、携帯から更新可能な別ページを設置し、そこに日記を載せます。

アドレスは↓です。
http://k-apple.lar.jp/step_blog/


それでは行って来ます。

重い雪・・・さらに雪 2008/02/12 曇り時々雪
昨晩雨が降り、次第に雪に変わり積もったらしく、水を多く含んだ雪が積もっていました。
除雪機で飛ばそうにも非常に重く、回転部分のピンが何度も折れ悪戦苦闘しました。
朝方1時間半の除雪、夕方は暖気で軟化した厚い雪をきれいに剥がすのに30分かかりました。
さらに会議を終え11時過ぎに帰宅すると猛烈な吹雪です。
これは明日も積もるだろうな・・・・
明後日はいよいよ東京に行きますが、天気が非常に心配です。

食べレポ 2008/02/11 晴れのち曇り
今日は食べレポのみの更新。

*****食べレポ089*****
店舗 青森市 あお鬼
営業時間 10:00〜23:00
料理 チャーシューメン780円+大盛り100円
プラス100円の大盛り(2玉)の他、プラス200円で特盛り(3玉)があり迷ったあげくに大盛りにしました。
スープにネギも加わって若干苦みがありましたがまずまず、チャーシューは普通、麺はちぢれ麺で喉ごしが良くなかなか美味い。
ギッシリ器に詰まった麺もズルズルと一気に食べれました。

RAB取材 2008/02/10 雪のち曇り
りんご協会青年部で東京マラソンへ参加、りんご配布を行うと聞きつけ青森放送(RAB)の取材を受けることとなりました。
今日参加可能だったマラソンランナーと私の6人が取材を受けることとなりました。
まず、りんご出荷に協力頂いた津軽みなみ農協さんでの選果、箱詰め風景を取材しましたが、この際農協さんが気を回してくれたようで、箱に張るマラソン用シールまで用意してもらいました。
今回は本当に世話になったようで感謝です。
続いて弘前運動公園でマラソン練習風景を写し目的や意気込みなど取材されました。
あがり症のため、こういった事はかなり緊張しますね。
放送は15日(金)の午後4時前後の”@なまてれ”、数分なのに取材は1時間以上かかりました。
また、取材はタレント(レポーター?)のけんずろうさん1人のみだったのが驚きでした。

東京マラソンへ着々と・・・ 2008/02/08 晴れ時々大雪
猛吹雪の中、今日もりんご協会に集まり東京研修および東京マラソンの打ち合わせを進めてきました。
マラソンで我々がりんご配布を行うことが、少しずつメディアにも取り上げられているし、東京マラソンホームページを見るとしっかり”協力 りんご協会”の文字があり、青年部でこんな大きな事業に関われることに感動しています。
出発は14日、もう目の前に迫ってます。
今回、東京へ行ってる間もホームページの更新がしたいなと考え、レンタルサーバ提供のブログかフリーのCGIかで日記用の特設ページを作ろうかとテストしています。

*****食べレポ087*****
店舗 黒石市 烏骨鶏ラーメン龍
営業時間 平日11:00〜15:00 17:00〜23:00
       土日祝11:00〜23:00
料理 黒石焼きそば550円(大盛り+100円) ミニチャーシュー丼200円(ランチ)
黒石焼きそばは味は他店とそれほど変わりませんが、やっぱり太平麺(平太麺?)は良いですね。
大盛りの割には私的には普通盛り?値段を考えると別に問題はありません。
ミニチャーシュー丼が値段の割にチャーシュー多めでウズラの卵も乗ってまずまず。

*****食べレポ088*****
店舗 弘前市 らーめんゃ 一番
営業時間 11:00〜22:30
料理 チャーシュー麺619円
この日2店目、限定の”焼きそば”と”大盛りはじめました”が気になりましたが、無難にチャーシュー麺(並)を注文。
煮干しの香る津軽系のスープに平打ちちぢれ麺の組み合わせは私的には好み、チャーシューの他はメンマとネギとシンプルでしたがまずまずの味でした。

津軽判ラーメンラリーのスタンプを集めるためラーメン屋を2店はしごしました。
集める気はほとんどありませんが、ラーメンを食べたくなったときにパンフレットを見ると思わず行ってしまいます。

カーオーディオの修理 2008/02/07 曇り時々雪
CDを取り出せなくなったカーオーディオの修理を行いました。
フロントパネルの取り外し方などはネットで調べると詳細に書かれていますが、かなり取り外しにくい場所のネジが1ヶ所あり苦労しました。
何とか取り外しバラしてみたものの固く締まったネジや細かい部品が多く途中までバラして見える範囲を操作し何とか修復できました。
しかしフロントパネルを取り外した際、表示部分に大きめの傷が付いてしまいました。
研磨剤を利用し、ある程度目立たなくなりましたがショックです。
長い間不調だった取り出しについても改善されたようなので、そこは満足しています。

CDが取り出せない・・・ 2008/02/06 晴れのち曇り
昨日、車で聞いているCDを交換しようと取り出しボタンを押すと最近不調でなかなか出てこない物が1度で取り出せ調子良いなと思っていました。
新しいCDを入れると・・・あれっ、再生しない?読み込み出来ないようでした。
仕方なく取り出しボタンを押すと・・・今度は全く反応しません。
色々ボタンを押してみましたが全く反応が無くて困りました。
修理に出しても良いのですが、天気が悪くて暇なときに自分でばらしてみようなかな。
私の乗っているデミオはオーディオとフロントパネル一体型のため取り外しは面倒そうです。

東京研修、マラソン 2008/02/04 曇り時々雪
今月の中頃、私の所属しているりんご協会青年部で東京研修および東京マラソンへの参加・りんご配布が行われます。
農水省に3県のりんご生産者が集まり職員を交えて意見を交わしたり、植物防疫所で検疫状況を視察するのが主な研修部分です。
合わせて東京マラソンへ数名の部員が参加し、残りの部員は10キロゴール地点で自分たちで作ったりんごを配布します。
研修もマラソンも両方面白そうで、企画・交渉した部長やりんご協会の青年部担当者は本当にお疲れ様でした。
そろそろ準備を始めようかな。

*****食べレポ086*****
店舗 青森市 ラーメン道場 北の国らーめんカムイ
料理 ベッカムイ 北海道鮭だしラーメン730円 餃子(4ケ)180円 ライス50円
風雷軒がリニューアルしたお店で数カ月ごとにメニューを変えて、店名の”北の国らーめんカムイ”の部分が変化していく少し珍しいお店のようです。
今回食べたベッカムイは鮭だしのしょうゆラーメンに焼き鮭や細かくした鮭をのせたもので少し味わったことがないタイプでした。
他にもスープカレーらーめんなど変わったメニューが多かったです。
量は若干少な目で値段も少し高めな気がしました。

食べレポ 2008/02/02 晴れ時々曇り
*****食べレポ084*****
店舗 藤崎町 中華飯店 幡龍
営業時間 11:00〜22:00
料理 中華飯セット880円
結構好きで何度か行った藤崎町の幡龍、移転オープンした店舗にはじめていきました。
午後5時頃、客はほとんどいませんが中華飯セットを注文しました。
中華飯はかなり粘度の高いあんかけになっていて正直冷えると食べるのがきつく、ラーメンもスープに雑味がありました。
少し早い来店のためでしょうか・・・好きなラーメン屋だったので残念。

*****食べレポ085*****
店舗 弘前市 ラーメン専科 飛龍
営業時間 11:00〜22:00
料理 味噌タンメン670円 半肉丼200円
知らずに前と同じものを注文していましたが、ごまの利いた味噌スープに野菜や肉、エビなどをしっかり炒めた物が盛られて美味しかったです。
半肉丼もなかなかうまい。
価格もリーズナブルでなかなか良いですね。

トップページへ      →記事先頭へ


2012年の日記
2012年 1月の日記
2012年 2月の日記
2012年 3月の日記
2012年 4月の日記
2012年 5月の日記
2012年 6月の日記
2012年 7月の日記
2012年 8月の日記
2012年 9月の日記
2012年 10月の日記
2012年 11月の日記
2012年 12月の日記

2011年の日記
2011年 1月の日記
2011年 2月の日記
2011年 3月の日記
2011年 4月の日記
2011年 5月の日記
2011年 6月の日記
2011年 7月の日記
2011年 8月の日記
2011年 9月の日記
2011年 10月の日記
2011年 11月の日記
2011年 12月の日記

2010年の日記
2010年 1月の日記
2010年 2月の日記
2010年 3月の日記
2010年 4月の日記
2010年 5月の日記
2010年 6月の日記
2010年 7月の日記
2010年 8月の日記
2010年 9月の日記
2010年 10月の日記
2010年 11月の日記
2010年 12月の日記

2009年の日記
2009年 1月の日記
2009年 2月の日記
2009年 3月の日記
2009年 4月の日記
2009年 5月の日記
2009年 6月の日記
2009年 7月の日記
2009年 8月の日記
2009年 9月の日記
2009年 10月の日記
2009年 11月の日記
2009年 12月の日記

2008年の日記
2008年 1月の日記
2008年 2月の日記
2008年 3月の日記
2008年 4月の日記
2008年 5月の日記
2008年 6月の日記
2008年 7月の日記
2008年 8月の日記
2008年 9月の日記
2008年 10月の日記
2008年 11月の日記
2008年 12月の日記

2007年の日記
2007年 1月の日記
2007年 2月の日記
2007年 3月の日記
2007年 4月の日記
2007年 5月の日記
2007年 6月の日記
2007年 7月の日記
2007年 8月の日記
2007年 9月の日記
2007年 10月の日記
2007年 11月の日記
2007年 12月の日記

さらに過去(日記TOP)

Copyright:(C) 2005 桑田りんご園 All Rights Reserved