津軽のりんご農家から情報発信!日頃の出来事を日記に綴っています。
       桑田りんご園

りんごコンテンツ
 ■気分次第の日記
 ■風景写真
 ■りんご品種紹介
 ■りんごと健康
 ■りんごQ&A

その他のコンテンツ
 ■園地・作者紹介
 ■平川市唐竹とは?
 ■掲示板
 ■リンク集

インフォメーション
 ■当サイトについて
 ■連絡先


3月の日記
 
今年の雪解けは早い?開花時期へ影響があるので非常に気になります。
剪定終了 2011/03/31 晴れ時々曇り
何とか3月中に剪定を終えることが出来ました。
少し嬉しかったので昼間の更新です。
3月に入って、降雪が多かったり、地震の影響(停電やガソリンスタンドに並んだり)で急にペースが落ちていたため、例年より早かったはずが結局は少し遅い状態です。
雪解けも遅くて、最期に剪定した日照の少ない園地では、まだまだ解けきるには時間が必要でしょう。
さて、午後からはチェインソーで大枝の切り取りや伐採作業です。
体力のいる仕事なので、昼寝で回復・・・。

無題 2011/03/30 曇り
先日、原発事故関連による農家の不幸なニュースを目にしました。
近年になってTPP参加や企業の農業参入など、農家にとっては厳しい情勢の中、生き残りをかけ、あるいは立ち向かうためにも「自分は、この場所で、この農業を続けるんだ」という譲れない明確な一線を持って農業に取り組んでいるのではないでしょうか?自分の場合はそうです。
今回の事故は、周辺農家に対して、その一線を容易に、無残に、徹底的に破壊していったのはないでしょうか?
今ある物が、新しい物が正しい、活発な経済活動こそが至上だと・・・どこかに弱者を見いださなければ幸福を得られないのも1つの理でしょう。
全員が平等だと幸福と気づけず、どこか遠くにでも不幸な人が必要なのかも知れない・・・平等を売り払い、過去を売り払い、物質を売り払って、さらなるエネルギーに変え、昔より良くなっているのだと前へ走り続ける。
気がついた時には、魂や未来まで売り払っているのではないかと、この道が正しいのかと不安になります。

無題 2011/03/28 曇りのち雪
毎日テレビで放送されている原発事故のニュースは「慌てて騒ぎ出す方が心配」→「影響は極少ない」→「放水が始まったことで少し落ち着く」→「電源復旧すると大幅に改善する」→「作業員被爆、水道水汚染」→「建屋外でも高濃度汚染水」・・・と時間が経っても一向に好転しているように思えません。
決して遠い場所ではない、同じ日本国内での出来事であり、実のところ自分で思っている以上に状況は深刻なのではないかと心配になります。
実際にはどのような影響が出るのか曖昧な知識しかないため不安が増すのかも知れません。
当初のニュースで話す専門家や電力会社の方のように知識があれば平常心で、人に落ち着けと話せるようになるのかも知れません。
どの程度の範囲が、どの程度の時間、どの程度の影響があるのか?
影響を受けた際に改善する方法があるのか?
今年のりんごは無事に収穫まで行けるのだろうか?
今後の日本経済はどうなるだろうか?
・・解らない、予想できない事だらけです。
「青森県でりんごを作る」という自分の基盤、それが多少なりとも揺らぎかねない事態が起こるとは想像もしていませんでした。
福島県の農業生産者の無念を想像すると胸が詰まります。

無題 2011/03/26 曇りのち雪
気がついたら昨日の日記は地震に触れていませんでした。
日々、完全に頭から離れることは無いですし未だにニュースでは地震・・・というか原発事故の話題が上らない日はありません。
それでも段々と他の話題が上り始め、表面上は急速に以前の日常に近づいているように思います。
しかし今回の震災による直接の被害が無かった場所でもガソリンや食料が奪い合うように無くなった事など、強烈な記憶として刻み込まれました。
たまにコンビニに行くと、商品は少なく、普段では売られていない様な菓子パンやパッケージが印刷されていないおにぎりが売られていて驚きました。
何度かラーメンを食べました。
期間が空いたためか、いつも以上に美味しく感じられました。
変な話ですが日常の大切さを、本当に意識させられた今回の大震災でした。
願わくば、今後この日記で地震や原発事故の話題が少なくなるよう平穏な日々でいて欲しいです。

支会会議 2011/03/25 晴れのち曇り
2月末の総会から、唐竹りんご支会の役員となり、昨晩は初めて会議に出席しました。
支会会議・・・と言っても、意外と青年部で顔を合わせるメンバーと大きく変わらず、若干平均年齢が高くなっているかなぁ〜?
役員で分担して各支会員等に配達するものがあって、自分も十数名分を預かってきました。
早速、本日配達してみましたが、徒歩だと20分程度かかるため意外と良い運動になります。
近所ばかりで、中学・高校時代に新聞配達した辺りなので何だか懐かしい気持ちになりました。

不安 2011/03/23 曇り時々雪
今の一番注視している話題は、当然「原発事故」についてである。
数県で栽培されている野菜や原乳から基準値を上回る放射性物質が検出され、さらに水道水からの検出もあったと報じられる。
情報通りであれば極端に多い量ではないだろうが、ニュースで報じられる「ただちに影響は無い」は不信感の漂う今の状況では「いずれは影響があるかも知れない」に変換して聞こえてくる。
大体が、いつ終息するのか検討も付いておらず放射性物質が放出される続ける中で「この位は気にするほどではない」とか「まだ大丈夫」というのは説得力に欠ける。
後手後手に回り続けた今回の事故(あえて自然災害ばかりとは思えない)は、身近すぎるので実感が湧きづらいが、外国から見れば非常に大きな事故であり、恐らく我々より危機感を抱いているのではないだろうか?
チェルノブイリやスリーマイルに並ぶ、過去にほとんど例のない未曾有の危機である。
ごく早い段階で、今の状況は推測していたはずだが不安になるのが悪いのか、混乱するのが悪いのか「安心だ」「安全だ」とばかり叫び、後から実はこうだったのだと説明する手口に怒りを覚える。
客観的に日記を書く私自身、実はまだ人ごとのようで危機感が足りず、足りていないと頭では理解していても恐らく受け入れることが出来ていない。
水道水が汚染されていたとして、果たして飲まずに入れるだろうか?注意していても外食の際に使用されているかも知れないし、食品を加工する段階で使われている可能性もあり、その加工食品が弁当等に入って出回り気付かずに口にする可能性もある。
弁当は○○県産と表示されても、おかず一品ずつの製造場所まではわからない。
今後、影響が拡大し日本中全てに影響が出るのではないか?青森県でもりんご輸出に影響が見え始めるなど人ごとではないのだ。
実は放射性物質の悪いイメージが先行しているだけなのかも知れない。
放射線自体は様々な所で利用されているし、自然にある程度は存在する物だ。
しかし訳の分からない体に悪い物・・・簡単に言えば”毒”のイメージがあるものが、ごく微量といえ入ったものを安心・安全だと言われても誰が好んで食べるだろうか?
一体いつになれば落ち着くのだろうか?農業は続けられるのか?汚染された物でも食べるしかないのか?日本は大丈夫なのか?
誰か主導者が方向性を示して欲しい、覚悟を示して欲しい。
非常事態をパフォーマンスに使うのではなく、ましてや影で進めにくい事を進めるのでもなく、1つにまとめ上げる人物が現れて欲しい。
・・・他人頼みっていうのは心が苦しい。

日々に追われ 2011/03/22 晴れのち曇り
年度末になり日中は園地で剪定、帰宅後は資料整理や事業段取りなど段々と多忙になっていく日々に追われています。
地震から10日が経ち、表面上は以前の様子を取り戻しつつあるように見えても依然心配の種は残り、自分としては普段通りを粛々と繰り返していこうと考えているものの簡単ではありません。
本日、仙台に住んでいる親戚が我が家を訪ねてきました。
一時、青森の実家に帰ってきているそうですが、顔を見られたことと子供達が意外と明るく見えたことに少しだけホッとしました。
現地の混乱した状況を聞き、ニュースでは知り得なかった出来事もあったようです。
今回の震災を受け自粛ムードが漂っていましたが、そればかりでは経済が停滞するからと贅沢なことや賑やかなことも行っていく雰囲気がチラホラと感じられるようになりました。
私自身もある程度の期間などを区切りに、地震前のような日常を取り戻す必要があると考えています。
人によって期間に差はあると思います。
よく見ていた食べ歩きのホームページを覗くと更新が再開され、それに対し自粛しろだとか、お店は閑古鳥が鳴いていて大変なので積極的に食べるとか意見がありますが、結局はそれぞれ個人の捉え方なので反論を出すのは違う気がします。
ともあれ、一時は最大級の非常事態としていた心構えも、少し緩和していければと思っています。

日常を取り戻していく・・・ 2011/03/19 曇りのち雨
震災発生から1週間以上が過ぎました。
気分は依然として上向いているとは言い難いし、未だに非常時である認識を持っております。
しかし、それでも春はやってきて、りんごの生育に合わせて作業を進めなければならないし、様々な会議や事業も予定通りに行わなければ、いつまで経っても日常を取り戻していくことが出来ないと思います。
だからこそ被害の少なかった自分は以前の日常は取り戻せるのだと、諦めずに行動を示そうと思います。
自室で一人、テレビやインターネットで被災地のニュースを見ていると悲しくなります。
涙がこぼれます。
原発のニュースには不安と、対応の鈍さに憤りを覚え、周辺の農業を考えると絶望すら覚えます。
でも、だからこそ日常を保ち続け、気持ちを偽ってでも平静を保っていきたいです。
日記の方も、今後普通の話題に触れていきます。
食べ歩きもしていきます。
・・・ただ、もう少しだけ時間が欲しいです。

剪定に身が入りません 2011/03/17 晴れのち雪
・・・なかなか剪定に身が入りませんね。
乗用車のガソリンが半分くらいに減っていて、最近の状況を考慮し給油に向かうと1キロほどの行列となっていました。
それでも並んでれば給油できるものと、待つこと30分・・・スタンドの店員が文字を書いたボードを持ち歩いてきました。
「本日の営業は軽油と灯油のみ」・・・諦めて帰宅、もう少し様子を見ます。
全体的にガソリンが不足しているためか、道路上に車は少なく、たまに渋滞を見れば全てガソリンスタンドへの行列、節電のため店の電気も暗めで品物も少なく客もまばら・・・周辺が静まりかえった・・・いえ、不安に沈み込んだような雰囲気です。
自分も出歩くのを控え、部屋の照明も暗くし暖房の温度設定も4度低くして節約行動をしております。
話は変わりますが、原発については依然不安が残ります。
事故が起きれば生身の人間が近づけないと言う状況は、そもそも原子力発電を利用するためには放射線を無力化できる技術か、遠隔操作で作業できるロボットとかを作る技術を持つことで、初めて利用しても良い技術だったのではないでしょうか。
順番を違え、莫大なエネルギーを先んじて手に入れた反面、大きなリスクを背負い込んだように思います。
莫大なエネルギーは、階段を一段も二段も飛ばして昇るような生活の向上をもたらし、途中で減速すると足を滑らして転げ落ちるとばかりに上を目指して駆け上がりました。
足元を見ることなく駆け上がった結果、無理が生じたように感じます。
これまでの生活を維持したい思いは自分にも強くあります。
しかし、立ち止まり、一段下がって、今まで立っていた足元が本当に大丈夫かを確認することが必要で、それにはまだ遅くはないのだと信じております。

様々な影響 2011/03/16 曇り時々雪
大震災による影響が様々なところで見られます。
大きな話では原発関連、テレビで伝わる情報を釘付けになって見ていますが、改善が見られないばかりか段々と状況が悪くなっているように思えて不安です。
近い話では物資の不足、買い出しに行きましたが食料品は皆無では無いけど売場には空きスペースが目立ちます。
そしてガソリンの不足、地震直後にある程度は補充したけど岩手県まで車を走らせたり細かな用事で出歩く場面も多く、枯渇する前に潤沢に供給されることを祈ります。
現状では営業しているガソリンスタンドには長蛇の列で、地震直後から日が経つにつれ長さが伸びており2キロくらいの行列になっているように見えました。
計画停電の話もあります。
非常事態なので外出を極力抑え、物資の消費も抑えることにします。

落ち着きません・・・ 2011/03/15 曇り
非常に落ち着かない日々が続きます。
大地震から数日が経ち、会議や事業などで否応なく出歩く必要があり一気に日常へと気分を切り替えねばなりません。
ただ、地震災害に続き、原発の問題など飛び込んでくるニュースに気分が沈みます。
突然の地震を境に確実に世の中が変わってしまいました。
商品の無い店、ガソリンを買い求める行列、そして蔓延する不安感は、これまで経験した何れをも上回り、また現在進行形で悪化しているようです。
数日前まで当然だと思っていた暮らしを、今後再び取り戻せるのか・・・その可能性を見いだすことが出来ません。
明らかに変わってしまったとしても、「りんごを作り提供すること」を変わらず続けることが微力しかない自分が出来ることと信じています。

現状報告 2011/03/13 曇り
大地震から3日目、当地域は停電から復旧し日常を取り戻しつつあるように思える。
剪定作業も再開し、夜には町の様子を窺うとコンビニやスーパー、飲食店なども営業を始めている。
しかし拭いがたい不安は、未だに消えるどころか増していくようにも思える・・・。
地震に見舞われた時、ちょうどりんご協会で青年部の葉とらず精算会を行っており、強めの揺れに一時中断、最初は少し強いと感じていただけだったが、終わりの見えない長い揺れに集まった部員にも動揺が走り出した頃、急に蛍光灯が明滅し、ついには消灯、すぐに携帯電話でテレビを確認すると、震度7の表示に目を疑った。
弘前市で震度4程度、揺れ自体は極端に強くはなかったが停電は1日半ほど続いた。
長い停電は、情報が入ってこないばかりか明かりがないのは気が滅入る。
特に携帯電話の電源確保には頭を悩まされた。
昨日になると、連絡が付かなかった兄弟や親戚と電話が繋がり、特に旅行帰りに東京都内で足止めを食った妹が、何とか昨日中に職場のある岩手県に戻りたいと連絡を受け、何とか羽田から青森空港へたどり着いた妹を、深夜の国道4号を南下し岩手県内に送り届けた。
青森市内から向かう途中、三戸や南部町、岩手県の一部で停電区間があり、暗闇の中、気付いたら信号機のある交差点に進入している場合があり、随分と集中力が必要で電気の大切さを改めて感じた。
岩手県の内陸に住んでいたため、アパートを見ても冷蔵庫が動いたり食器が散乱する程度だったのは自分の予想よりは軽かったように思えた。
そのまま、すぐに帰路につき、家にたどり着いたのは午前の4時くらい、その後に少しパソコンで情報収集し就寝した。
今日になると剪定作業を再開、しかし飛び込んでくるニュースに一抹の不安は覚える。
未だにガソリンスタンドが大混雑していたり、食料品や電池等を買う人が目立つのは、やはり不安を感じてだろうか。
・・・未だに被害の状況は想像も付かない、「想像も付かないだろう」という自分の想像を超える災害、今後も様々な分野で長く影響が出ていくことだろう。
日常のすぐ隣に、これ程の危険が潜んでいるとは・・・・・・・。

停電から復旧 2011/03/12 晴れ
取りあえず停電からは復旧しました。

今日の予定 2011/03/10 曇り時々晴れ
今日の予定は、唐竹りんご支会の組織会です。
先日の総会を経て、めでたく?りんご支会の役員となりました。
あと20分後には集合なので、今日の日記はこの辺にしておきます。
多分、飲み会もあると思いますが、明日に予定している葉とらず精算及び意見交換会の資料作りに少し時間を取りたいので、飲み過ぎずに帰宅後パソコンに向かえればいいなぁ。

長い会議 2011/03/08 曇りのち雪
今日は1日一杯の長い長い会議でした。
りんご協会の新年度事業計画会議の1つで、我々青年部の事業計画を提案するため会議に加えてもらいました。
例年であれば会議の中で青年部が関わるタイミングで参加し、1時間程度で抜けてくるのですが、今回は朝のスタートから最期には暗くなり始める頃まで全て参加させてもらいました。
座りっぱなしの会議というのも、普段の剪定作業と比べて慣れない分疲れることもありますが、詳しい部分まで内容が分かる得がたい機会であり充実感はあります。
さすがに少し疲れましたが・・・。

*****食べレポ306*****
店舗 弘前市 めんりき
料理 味玉塩中華780円
今日の昼食、会議の休み時間にフラフラ店を探していると、久しぶりに開店しているのを見かけ入店しました。
旨味の強い塩味に麺も中々好みの感じ、味玉にもシッカリ塩気が染みていて全体的にまとまりが良くて美味しかったです。
何度か行ってますが、最近ではほぼ塩味を食べてる気がします。

*****食べレポ307*****
店舗 弘前市 うどんや一番
料理 冷やしおろし納豆うどん(大)+鶏唐揚げ丼セット750円
店員に聞くと基本の鶏唐揚げ丼セット550円に+100円でうどんの種類を選べて、さらに+100円で麺大盛りに出来るとのことだったので目に付いたおろし納豆を注文しました。
うどんは大盛りにするとボリュームがあって、久しぶりに冷やで食べるとコシも強くて中々美味しい、セットの丼物も小さい丼なのでご飯はミニ丼サイズですが具材はかなり大振りで食べ応えがあり揚げたてサクサクで良い感じです。
実は暫く足が遠のいていたけど、最近になって価格も安くボリュームもあるので結構行ってるお店です。
本日の会議が遅くまでかかったので夕食も外食です。

資料作り 2011/03/07 曇りのち雪
今の時期は剪定作業ばかりに集中・・・とはいかなくて、パソコンに向かって色んな資料を作る時間が多くなります。
年度末なので、色んな事業の報告をまとめたり、次年度の事業計画をまとめたりと幾つか同時に舞い込んでくるため、計画的に処理していかなくてはなりません。
とは言え、別に仕事でやっている・・・程には集中している訳でなく、たまにテレビを見たり本を読んだりしながら、ゆっくりとやるため気を抜いていると締め切り間近になることもしばしばです。
普段でも結構マメに日記を更新している事から分かるかも知れませんが、意外と資料を作るのは苦にならなくて、むしろ頭を捻りながら言葉を探してみたり、レイアウトにこだわってみたり、次回に使いやすいように工夫してみたりと楽しくやっています。
ある意味で、余分に時間を費やしてはいますが・・・。
本日は、明日に予定しているりんご協会の新年度事業計画会議に向けての青年部事業に関する書類を準備中、以前にまとめすぎて逆に手を加えるところが少ないのが不満と言えば不満です。

最期の除雪? 2011/03/06 曇りのち晴れ
朝目を覚まし朝飯を食べ若干の雨音に畑に行くか迷っていると携帯電話が鳴り出しました。
「急だけど今日除雪にでれる?」順調なら昨日で終了すると聞いていましたが、若干余ったようなので、急遽招集されました。
積雪の程度は車では進もうと思えば進めるけど、油断してるとスリップして道路から外れることや、たまに深いところがあって動けなくなったりする位の深さでした。
雪も柔らかいため、スイスイとタイヤショベルは進み、真冬だと半日かかる農道が1時間程で終わり、3農道を除雪しましたが午前中で終了しました。
難点は雪が浅いこともあって、綺麗に除雪しようとするとガツンとコンクリートの出っ張りに引っ掛かってタイヤショベルが急停車し危険なのことで、ヒヤヒヤの作業でした。
今シーズンの農道除雪は今日で一応終了予定、新体制(1日、青年部員4人→2人へ)での除雪は意外と軽快に動けて良かったと思います。

食べレポ 2011/03/04 雪時々曇り
今日は時間も無いので食べレポだけにします。
まあ、しっかり食べ歩く時間は取ってあったのですが・・・。

*****食べレポ305*****
店舗 弘前市 麺屋 幡
料理 味噌幡二郎850円
コストパフォーマンスが高く、味も悪くないので月1〜2回くらい行ってる麺屋幡ですが、3月3日から期間限定の味噌幡二郎を販売と聞きつけ早速行ってきました。
青森市長尾の味噌二郎を想像していましたが、それよりグッと甘みがあってタップリの生姜と背脂で中々美味しいスープになっていました。
醤油味の時よりも野菜に合う味付けで、二郎系の特徴であるタップリの野菜が美味しく頂けます。
その他の具材もタップリ、麺自体はそれほど多くない気もしますが合わせると結構な量になり、隣にいたお客さんが少々驚いていました。
どんぶり飯2杯くらい夕食で食べたあと(2時間後くらい)では、さすがにお腹がきつかったです。

1月に戻ったような天気 2011/03/03 雪時々曇り
目を覚ますと一面真っ白、久しぶりに冬らしい外の様子に1月に逆戻りしたようでした。
気温も低くて、午後に少し剪定に向かったものの風の強さも加わって思わず「寒い、寒い」と声が出るほど寒く、剪定に集中できていなかった感じです。
恐らく真冬日(最高気温0度以下)になったのでは?
夕方に通夜に向かう途中、道路上の電光掲示板は-6度と表示されていました。
何だか週間予報も雪の日が多いし、ある程度積もるんでしょうか?
少し剪定作業がペースダウンしてきたので、頑張りたいけど寒さが厳しく心が折れそうになります。

JA常勤と語る会 2011/03/01 曇りのち雨
早いもので、もう3月となりました。
剪定作業も、そろそろ終了の目処をつけていきたいところです。
さて、昨日はJA津軽みらい青年部主催の常勤と語る会へ参加してきました。
合併で大きくなって以来、簡単には話し合いができない農協の常勤役員と意見交換ができる貴重な機会でした。
ただ青年部員を含め100人近い人数だったので、青年部員が質問して常勤役員が応える形となり、それほど近く話す機会があった訳ではないですが、興味がある話や聞いてみたかった話、正直どうでも良いような話まで様々あり面白かったです。
懇親会は全地区合同、その後は各地区でバラバラに2次会、最期に〆のラーメンを食べるため店へ入ると、そこには見知った方々・・・というか語る会に参加していた青年部員達がいて、その後も続々と集まり、最終的に青年部員で貸し切り状態だったのには驚かされました。

トップページへ      →記事先頭へ


2012年の日記
2012年 1月の日記
2012年 2月の日記
2012年 3月の日記
2012年 4月の日記
2012年 5月の日記
2012年 6月の日記
2012年 7月の日記
2012年 8月の日記
2012年 9月の日記
2012年 10月の日記
2012年 11月の日記
2012年 12月の日記

2011年の日記
2011年 1月の日記
2011年 2月の日記
2011年 3月の日記
2011年 4月の日記
2011年 5月の日記
2011年 6月の日記
2011年 7月の日記
2011年 8月の日記
2011年 9月の日記
2011年 10月の日記
2011年 11月の日記
2011年 12月の日記

2010年の日記
2010年 1月の日記
2010年 2月の日記
2010年 3月の日記
2010年 4月の日記
2010年 5月の日記
2010年 6月の日記
2010年 7月の日記
2010年 8月の日記
2010年 9月の日記
2010年 10月の日記
2010年 11月の日記
2010年 12月の日記

2009年の日記
2009年 1月の日記
2009年 2月の日記
2009年 3月の日記
2009年 4月の日記
2009年 5月の日記
2009年 6月の日記
2009年 7月の日記
2009年 8月の日記
2009年 9月の日記
2009年 10月の日記
2009年 11月の日記
2009年 12月の日記

2008年の日記
2008年 1月の日記
2008年 2月の日記
2008年 3月の日記
2008年 4月の日記
2008年 5月の日記
2008年 6月の日記
2008年 7月の日記
2008年 8月の日記
2008年 9月の日記
2008年 10月の日記
2008年 11月の日記
2008年 12月の日記

2007年の日記
2007年 1月の日記
2007年 2月の日記
2007年 3月の日記
2007年 4月の日記
2007年 5月の日記
2007年 6月の日記
2007年 7月の日記
2007年 8月の日記
2007年 9月の日記
2007年 10月の日記
2007年 11月の日記
2007年 12月の日記

さらに過去(日記TOP)

Copyright:(C) 2005 桑田りんご園 All Rights Reserved