津軽のりんご農家から情報発信!日頃の出来事を日記に綴っています。
       桑田りんご園

りんごコンテンツ
 ■気分次第の日記
 ■風景写真
 ■りんご品種紹介
 ■りんごと健康
 ■りんごQ&A

その他のコンテンツ
 ■園地・作者紹介
 ■平川市唐竹とは?
 ■掲示板
 ■リンク集

インフォメーション
 ■当サイトについて
 ■連絡先


5月の日記
 
4月末からの悪天候に若干作業が詰まり気味・・・開花はいつ頃?
本日、気温低め 2011/05/30 曇り時々雨
時折、冷たい雨が降りそそぐ寒い1日となりました。
現在の作業は変わらずつがるの摘花ですが、若干モニリア病による実腐れが目立つ気がします。
以前にも、同程度に見られた経験はあるため、今後の薬剤散布をキッチリ行えば大丈夫でしょう。
ここ数日、忙しい日も続いていましたが、今日は少し余裕があります。
余裕が出ると、任せてしまおうと思っていた青年部60周年記念誌の制作が気になり始め、サンプルでも作り出ろうか?と考えていたら止まらなくなってきました。
基本的に資料みたいな物を作るのが好きなので・・・グッと堪えて残りは任せます。
参考資料としてりんご協会青年部と唐竹青年部の50周年誌を眺めていると、色んな事が思い出されて懐かしいですね。
その他、過去の資料も沢山見つかって、自分の物持ちの良さにビックリしています。
話は変わり、最近食べ歩きが少ない感じがしますが、花粉症気味で鼻づまりがひどく、麺をすすることが出来ず味も微妙に分からない感じがします。
早めに復活したいところですね。

講演会 2011/05/28 曇り
本日はどうしても参加したかった講演会がありました。
先の震災を受け、りんご生産者としての自分に何か出来ることは無いかと考えていた時に「原発と食の安全」をテーマに富山大学医学部名誉教授の田澤氏による講演会があると聞き、りんごの作業やその他スケジュールの詰まった中ではありましたが時間を作り参加してきました。
アップルペクチンの効能について研究されている著名な方であり、今回の講演会でもアップルペクチンの放射性物質セシウム137の排泄効果と言う、いきなり聞けば眉唾にも思える話題だったため、ネット等で下調べをした上で確信に変えうる根拠を得たいと言う気持ちで参加しました。
講演は、期待していたセシウム137排泄効果とは別に、人の体における腹(消化器官)の重要性から始まり、アップルペクチンの健康効果(動脈硬化・大腸がん・高血圧の予防など)と根拠、より効果的なアップルペクチンの摂取方法など、りんごの健康効果として簡単な知識として持っていたものを掘り下げて知ることが出来ました。
特にアップルペクチンは熱を加えることで効果が増したり、皮の有無による差など、数値で知ることが出来て勉強になりました。
時間が押し気味となりましたが、当初から期待していたセシウム137排泄効果の話題に移り、今後さらに起きるであろう食品汚染と摂取による内部被曝の影響、チェルノブイリを例にアップルペクチン摂取によるセシウム137のイオン結合と吸着による排泄効果など海外の論文を使いながら説明されました。
数種のデータが提示され、共にハッキリとした効果が見られるという結果でした。
効果を得るためには1日1個半〜5個程度のりんごの摂取が必要なことや、完熟したものが良いことや、品種別でペクチンの含有量が異なること(王林が含有多い)など、参考になる話が聞けました。
海外の論文については和訳のものが同氏を検索すると見ることが出来たので、後ほど目を通したいと思います。
今回の講演、医学的な専門用語が多く「○○値については、ご存じだと思いますが・・」と知らない言葉が飛び出し、りんご生産者には難しい内容ではありましたが、下調べしていたこともあり聞き応えがありました。
恐らく、自身が受け止めているより原発事故の影響は大きく、今後は汚染された食品が出回るのも止めることが出来ない現実が訪れる可能性があります。
たぶん、何年も経た時に、あの頃は汚染が広まり平均寿命が短くなった・・・などと評価されるのかも知れません。
その中で暮らしていくためにも、自分で予防していく考えを持ち積極的に有効な処置を講じていく必要があるのでしょう。
我々りんご生産者が「りんごには、これだけ効果があるから食べて」と叫んでも、恐らく眉唾な話題を利用して販売に走ったと思われる事でしょう。
善意でりんごを寄付したいと思っても同様かも知れません。
だから、私はいつも通り・・・いや、いつも以上にりんご生産を続けていくことに力を込めたいと思います。
誰もが、気軽にりんごを食べられるように・・・。
今回の講演は最期に「見えないものを見る健康管理が大切」と締めくくられました。
人間の健康は消化器官、樹では土壌中の根・・・「見えないところを見る」と言うのは、良く聞くようで深い言葉です。

ギリギリ更新 2011/05/27 曇り
ここ数日はパソコンに触れる時間が極端に減って、たまに時間が出来ても資料作りなどが忙しく日記の更新に手が回りませんでした。
本日のりんご協会実すぐり巡回講座を終え、ようやく一息付けた感じです。
ただし日中の農作業も忙しくなり、さらに帰宅しても忙しかったため気力、体力が結構限界な感じです。
花粉症も悪化を続けてるし、今日は日記更新も短めで早めに眠りたいです。

薬剤散布 2011/05/23 晴れ時々曇り
本日の作業は薬剤散布です。
病害・虫害の発生を予察し、なるべく未然に防ぐ大切な作業です。
りんご栽培における経費面でも大きな割合を占めています。
前回は、日記に書いたとおりモニリア病発生に留意し悩み抜いた上で薬剤を追加しました。
しかし、本日の父からの一言「前回追加した薬剤は、あんまり意味がないって聞いた」・・・効果が重複することや使用時期に関しても分かっていて、その上で念には念を入れた結果で、その後改善が見られた事から多少の経費アップも仕方ないと思うので後悔はしていませんが、日頃は多少でも病虫害が目立つとチクチクと文句を付けられるのに発生を抑えようとしても文句を付けられるのには少々参ります。
薬剤散布終了後、つがるの摘花を行うと、高低差の影響から薬剤が届きにくい場所の葉に黒星病の病斑を発見・・・今後の薬剤散布も頭を悩ませそうです。

水田作業 2011/05/22 曇り時々雨
そろそろ当地区でも田植えの時期が近づいてきました。
本日の作業は代かき・・・先日、粗めに耕起した水田に水を入れてトロトロになるまで撹拌しました。
当地区は山あいの集落であり傾斜地も多く、水田に適した平坦地も少ないため、当然我が家の水田も小規模で、水田作業と言っても本格的なものに比べたら極々簡単なものです。
代かき作業にしても、わずか30アールほどの水田に半日近くも時間を要します。
安くお米が購入できる昨今において、意外と労力が多くかかる気もするけど、今後は主食となる米を作っていることが精神的な安定感に繋がって行くのかも知れませんね。

アブラムシ発見 2011/05/21 曇りのち雨
昨日に引き続き王林の摘花を行っており、作業的には続けて全園地の王林を摘花してしまいたいところでしたが、開花量が少ない園地は確実な結実が確認されてから作業する事とし、比較的開花量の多いつがるの摘花を始めました。
作業を始めると、今年初めてのアブラムシを発見しました。
15日の唐竹青年部定例会の際に、アブラムシ散見の話は聞いていましたが、当園では若干遅れて発生が見られ、それほど離れていない地域でも発生状況は変わってくるのだなぁと改めて感じました。
あまりに増えすぎると問題もありますが、今のところ目立つほどでもないため静観と言ったところでしょう。
明日からの作業は田植えに向けての水田作業か、天気を見て薬剤散布を行う予定。

王林摘花 2011/05/20 曇り
昨日から王林の摘花を始めました。
何度も書いてるので、いい加減に見飽きたかも知れませんが今年は花が少なくて、当園では特に王林にその傾向が目立っています。
ただ、園地によっては充分な花量があり、そんな園地を中心に摘花を始めました。
摘花を進めて行くと、開花時期や開花時の天候からか、うまく授粉していない中心花があり、見極めるのには骨が折れます。
単純に全ての中心花だけを残すのであれば誰でも出来ますが、その中から様々な種類の障害を見つけ適正な量に調節するのは難しい作業です。
しかし、うまく見極めることで品質の向上に繋がるので重要な仕事の一つです。
摘花が始まると1日の作業時間も延び、休みもなくなって本格的な作業がスタートした感じがします。
今現在は花粉症で不調ですが、仕事を進めながら調子を取り戻していきたいです。

マスク着用 2011/05/19 晴れのち曇り
前回の日記に書いたとおり、花粉症に悩まされております。
段々と症状が悪化し、頭痛や寒気など花粉症らしからぬ症状まで現れてきました。
クシャミも盛大にしすぎたためか、気管や胸の辺りが痛むようになり、作業にも集中しきれない時があって、仕方なくマスクを着用することにしました。
これまで苦しくても意地になって我慢してきましたが、さすがに限界・・・なんだか花粉に負けた気がして悔しい感じもします。
マスクの効果は結構大きくて、未使用だった朝方は何度も連続でしていたクシャミがピタリと止まりました。
ただし夕方付近になると効果が落ち始めたのか、再び体調が悪くなりました。
何の花粉かは分かりませんが、影響はいつ頃まで残るのでしょうか・・・。

花粉症・・・かな? 2011/05/17 晴れ
私の周りを見ると、今年は人工授粉をする生産者が多そうです。
このまま良い天候が続けば2〜3日でふじの花が満開になりそうですが、今のところ中心花が5割ほど咲いている程度となっています。
花が少ない樹では全ての中心花を結実させようと、蕾を開いて授粉しているため効率は悪いですね。
さて、りんごの花粉を撒き散らしながら授粉作業を続けていますが、作業中に目がムズムズと痒く、鼻水が止まらず、クシャミも頻発・・・花粉症に苦しんでおります。
杉花粉は終息し始めているらしく、これまでも特に影響がありませんでした。
・・・まさか、りんご!?開花前から症状が有るので違います。
一体、何の花粉が影響しているのでしょうか?菜の花?それとも何かの草?
目の痒みだけは堪えがたかったので目薬を購入、クシャミに関しては誰にも迷惑のかからない広い場所なので力一杯「ハーーックション」とやってます。
ただ、日記を書きながら昨年を思い出してみると、クシャミのしすぎで胸の辺りまで痛くなってきた記憶が・・・気を付けよう。

時間が作りにくい・・・ 2011/05/16 晴れのち曇り
本日は気温がグッと上昇し、県内一部地域では夏日を記録する陽気となりました。
りんごの花も徐々に開き始め、当園でも人工授粉を開始しました。
花の少なさから、全ての中心花を授粉する勢いで作業しているため、花は少ないけど仕事ははかどりません。
さて作業の方が本格的に忙しくなる中、しばらくの間はその他の用事も増えそうです。
葉とらず関連での取引先との打合せ、りんご協会の役員会や巡回講座×2日・・・が、さらに本日追加の連絡があり合計3日、地元の巡回講座へは講師でなく一般農家として参加が1日、その他に協会青年部の打合せや会議などなど、来月上旬まででも結構な用事がありそうです。
仕事の後なら2日に1回程度の用事なら大したことは無いのですが、日中の用事は少々キツイですね。
また、自主参加になりますが原発と食の安全についての講演会も、自分が今できることは何なのか・・・そのヒントになればと思うので、時間を調整して何とか参加したいと考えています。
今年は作業がスムーズに進むであろうと考えていますが、全部を実行するとなると時間調整は難しくなり、両親からの小言も増えるんだろうなぁ・・・去年、若干気合いが抜けていた気もするし、今年はこんな年だし頑張れるだけ頑張ってみたいですね。

花が少なめ 2011/05/14 曇り時々雨
何度か日記に書いてある通り、今年のりんごは花が非常に少ないです。
樹の上部にはある程度咲いていても、下部は葉っぱだけだったり、適度な間隔で花を残したいのに難しい状況です。
こんな時は次年度への影響も考えて、花が少ない部分は確実に受粉させて実にしたいところです。
ふじを中心に人工授粉を行う予定ですが、そのための花粉を得るために開花の早い王林から花を摘み取ってきました。
ただし、一番花が少ない感じがするのは王林なので、花を集めるのも大変です。
摘果がスムーズに進むのは良いけど、来年は花が多くて大変そうです。
今年は開花が遅く、小玉傾向なのかなぁ〜。

昨日の仕事 2011/05/13 曇り時々雨
昨晩から今日、明日と雨の天気予報だったため、昨日は薬剤散布と水田耕耘を立て続けに行ったため結構疲れました。
特に薬剤散布については非常に頭を悩ませていた事がありました。
チラホラとモニリア病が散見され、一昨日の会合等でも同様の情報を得ました。
それでなくとも着果量の少ない本年、さらに病虫害によって量を減らすのは避けたい状況、そのためモニリア病に効果の高い薬剤を加えたいところだけど、これ以上の薬剤費のアップは・・・通常散布でも充分押さえられる”気もする”けど、万が一を考えると被害が大きく、想定される最大の被害額と薬剤費を頭の中で検討していきました。
・・・結論として、実はモニリア病の大発生・・・というか病虫害の甚大な被害に遭遇した経験が少ないため、どれほどの被害額になるのかイマイチ想定できないことに気付きました。
この辺は経験が重要なのでしょうか・・・会合において諸先輩方は効果の高い薬剤を加える話をしていたので、最期まで悩みましたが自分も倣うことにしました。
変化のある自然に対応するには、やはり経験を重ねていくことなんでしょうね。

地震から、もうすぐ2ヶ月 2011/05/10 曇りのち晴れ
地震から明日で2ヶ月・・・自分なりに振り返る。
地震直後、自分の中では今までに経験したことがない出来事に、頭の中を最大級の警報が鳴り響いていた。
それこそ家族との会話の中で言ったことだが「戦争が始まったくらいの感覚」で身構えていた。
とは言え、今から考えると所詮戦争を経験したことがない自分・・・そして直接の被害も無く、数日も経てば徐々に警戒も解けはじめる甘い考えだったかもしれない。
頭の中で冷静に次の事態を想定している自分もいたが、、ガソリン不足等の状況に思わず並ぶ自分もいた。
結局、被災地を知り助けたい思いはあっても、自分を取り巻く不安が解消できない限り行動を起こすことが出来なかった事は、仕方がないと思いと、情けないという思いが入り交じる。
自分を取り巻く不安の中で、取り分け大きな物となったのが原発問題である。
現実に解消されたとは言い難く、自分の中でも辻褄を合わせて不安を解消する・・・までには至っていない。
誰かに明確な責任があるならば、もしくは原発を簡単に排除できるのであれば解消できた知れないが、天災事態は誰の責任でもなく、それに対する備えや、その後の対応については完璧では無いかも知れないが、ほぼ全ての人が持っているであろう責任を棚上げしてまで、過去の特定の誰かの責任を追及するのは違うようにも思える。
むろん、今回の問題が現実に発生した以上は、今後も同規模の事態が起こりうるという想定の下で備えていかなければならないのは、原発の特性上必須であろう。
ただ現実に電力量の減少や料金の上昇を受け入れられるか考えた時、原発の存在の有無は・・・いや、違う?こうやって考えていること自体、現実を直視せずに嫌な物を見ようとしない考え方に動いてしまっているのか。
話を戻す。
日が経つにつれ、大震災が遠い過去、遠い場所の出来事だったように、自分の中でなりかけている気がして、自分自身で納得できない。
「自粛はダメ」や「周りが普段通りの生活をする」ことが被災地の復興に繋がる・・・予想していた世の中の動き方だし、自分自身も思っていたことだが、皆が同じ方向を見始めると、何だか嫌なことを早々に忘れてしまいたい、見ないようにしたい、そんな考えが働いているようにも感じてしまう。
被災地から声が上がるなら理解できるが、少なくとも自分たちで声に出すことではなかったのでは?今はそう思う。
今後の自分を整理すると、出来ることは限られていて、いつものようにりんごを作っていくだけかも知れないけど、この地震を忘れずに正面から向き合いたい。
たぶん、自分が基盤と掲げていた物すら、この地震は揺るがしてしまったため、これほど落ち着かないのだろう。
それを踏まえて、より強固な新しい基盤を築きあげることが、自分の中で地震を乗り切った事になるのだろう。
よく分からない文章になってしまった・・・。

摘蕾開始 2011/05/08 晴れのち曇り
今年は想像以上に花量が少ない年のようです。
本日から、ふじの新梢花(腋芽)の摘蕾を行っているのですが、枝によっては花がほとんど無くて葉っぱばかりの芽が多かったです。
また天候が悪かった影響か、若干モニリア病の発生も見受けられ、発生の拡大が心配なところです。
この作業が始まると、剪定後始末後の若干ゆったり仕事が出来ていた期間が終わり、本格的なりんご作業が開始した感じがします。
これから夏まで摘蕾→摘花→摘果と延々と続きます。
話は変わって、最近プリンターを新調しました。
以前の物が純正以外のインクを使っていたためか不調を訴え始め、思い切って新しい物を購入、今まで使った事の無いブラザー製のプリンターですが、複合機の割に価格が他社より結構安く、インク代も安価、使い心地は違いますが慣れてくれば問題は無さそうです。
スキャナーに対して、あんまり良いイメージが無く、複合機にも興味が湧かなかったのですが、最近のは結構快適に動きそうです。

マメコバチ設置と稲わら運搬 2011/05/07 曇り
本日、ようやくマメコバチを冷蔵庫から出し、各園地へ設置することが出来ました。
当園では薬剤散布が3日に終わっていましたが、周囲の園地で昨日〜今日辺りに散布していた所があり、ハチへの影響を考えなかなか設置に踏み切れませんでした。
農協冷蔵庫に保管しており、出庫のたびに青年部から数名出番となりますが、今年はその回数が多かったです。
天候が悪いことにはどうしようもないですね・・・。
天候が悪いと言えば、田んぼが乾かず昨年の稲わらを運び出せずにいました。
例年なら軽トラで田んぼに入り運搬するはずが、今年はぬかるむため運搬車を利用しました。
作業スピードは遅いですが、身動きが取れないことは無いため安心に作業できます。
この作業を終えて、ようやく田んぼの耕耘作業に取りかかれます。
う〜ん、今年は作業日程がメチャクチャですね。

第1回薬剤散布 2011/05/06 晴れ時々曇り
たまに更新の間隔が3日以上あくのは、その他の用事でパソコンを使う機会が増えた時・・・今回の用事も無事切り抜けて、ようやく更新できます。
さて、摘花には若干時期が早く、その他の作業が一段落付いているため、本日は農道の整備を行いました。
先日の薬剤散布により農道が崩れた部分があり、その修繕です。
柔らかくなった部分に砂利を入れたり、湧き水を排水するための水路の整備等、力仕事が続いたため非常に疲れました。
天気も良く気温も上がったため、驚くほど汗をかきました。
これで次回の薬剤散布は楽に行うことが出来そうです。

*****食べレポ312*****
店舗 弘前市 ミナミ
営業時間 11:00〜14:30 17:00〜22:00
料理 正油ラーメン500円
昨日に訪問したラーメン店、弘前から藤崎へ向かう途中にあります。
以前は屋台で営業しており、食べてみたかったのですが午後9時頃から営業とハードルが高く未食でした。
具材がチャーシュー、メンマ、わかめ、麩とこの辺では標準?シンプルですがバランスがとれた味でまずまず、少し屋台風?の味でした。
夜の部開店直後の入店で、他の客もいなかったため、話し好きっぽい店主と世間話・・・お新香をオマケしてくれました。
ライスもオマケしくれそうでしたが、実は青森で1店ラーメンを食べた後だったため遠慮しておきました。

第1回薬剤散布 2011/05/03 晴れ時々曇り
ようやく第1回目の薬剤散布を行うことが出来ました。
昨年に比べると1日遅れですが、りんごの生育状況から見ると2〜3日早く散布したかった所です。
とは言え、非常に条件の悪い中での散布となり、長期に渡った降雨の影響で地面が柔らかくなっており、スピードスプレヤーが登り切れない場所が数カ所あって、SSからホースを伸ばし手持ちタイプでの散布となりました。
おかげで作業時間が予想の1.5倍・・・さらに坂道を何度も上り下り、スコップで通路を掘ったりと疲れました。
スコップで通路を掘ると、普段は踏み固められて非常に硬い土がサクッと掘れるほど柔らかくなっていました。
明日は雨の予報があるため、今日中に散布を終えたことには非常に気が楽になりました。
話は変わりますが、今日からようやくりんごニュースの原稿に取りかかりました。
夕食後から数時間、頭を捻っていますが・・・良いネタが浮かばず困りました。
気分転換に日記を更新中、こちらはネタが無いなりに書けることもあるのですが・・・。
締め切りまで残り4日・・・おっ!意外と余裕有る?

5月に入りました 2011/05/01 曇り時々雨
5月に入りました。
依然として地震の影響が残り、復興に向かっているのかも曖昧な状況が続きます。
さて、りんごの作業は薬剤を散布したいけど悪天候が続き、順調には進んでいません。
本日も徐々に風雨が強まったため、作業を休みにしてブラリと弘前市内を車でドライブしました。
ゴールデンウィーク、しかも弘前公園の桜が丁度見所の時期に重なったため、主要な道路は渋滞が発生しており、雨の中を歩く観光客も目立ちました。
花見などのイベントを楽しみつつ、少しずつでも元気を回復して行ければ良いですね。

*****食べレポ311*****
店舗 弘前市 三忠分店 東長町店
料理 かつ丼と中華そばセット1100円
一度食べたかった三忠の中華そば、目の前を通ることは結構ありましたが今回が初めてです。
かつ丼とセットを注文すると、かつ丼+中華そば+お新香が一体となった長方形の器に盛り付けられて新鮮な感じでした。
中華そばを一口すすると・・・なかなかイケる?スープ表面には多めの油、旨味と感じるか油っこいと感じるか・・・食べ進めると若干油っこい気がしました。
意外とセットで頼んだかつ丼が美味しかったです。
珍しい一体型の器は、見た目は面白かったけど食べ進めるのに不便を感じました。
持ち上げられず底部が四角いため、スープも飲みにくく、ご飯も食べにくかったです。

トップページへ      →記事先頭へ


2012年の日記
2012年 1月の日記
2012年 2月の日記
2012年 3月の日記
2012年 4月の日記
2012年 5月の日記
2012年 6月の日記
2012年 7月の日記
2012年 8月の日記
2012年 9月の日記
2012年 10月の日記
2012年 11月の日記
2012年 12月の日記

2011年の日記
2011年 1月の日記
2011年 2月の日記
2011年 3月の日記
2011年 4月の日記
2011年 5月の日記
2011年 6月の日記
2011年 7月の日記
2011年 8月の日記
2011年 9月の日記
2011年 10月の日記
2011年 11月の日記
2011年 12月の日記

2010年の日記
2010年 1月の日記
2010年 2月の日記
2010年 3月の日記
2010年 4月の日記
2010年 5月の日記
2010年 6月の日記
2010年 7月の日記
2010年 8月の日記
2010年 9月の日記
2010年 10月の日記
2010年 11月の日記
2010年 12月の日記

2009年の日記
2009年 1月の日記
2009年 2月の日記
2009年 3月の日記
2009年 4月の日記
2009年 5月の日記
2009年 6月の日記
2009年 7月の日記
2009年 8月の日記
2009年 9月の日記
2009年 10月の日記
2009年 11月の日記
2009年 12月の日記

2008年の日記
2008年 1月の日記
2008年 2月の日記
2008年 3月の日記
2008年 4月の日記
2008年 5月の日記
2008年 6月の日記
2008年 7月の日記
2008年 8月の日記
2008年 9月の日記
2008年 10月の日記
2008年 11月の日記
2008年 12月の日記

2007年の日記
2007年 1月の日記
2007年 2月の日記
2007年 3月の日記
2007年 4月の日記
2007年 5月の日記
2007年 6月の日記
2007年 7月の日記
2007年 8月の日記
2007年 9月の日記
2007年 10月の日記
2007年 11月の日記
2007年 12月の日記

さらに過去(日記TOP)

Copyright:(C) 2005 桑田りんご園 All Rights Reserved